〒617-0813 京都府長岡京市井ノ内小西52

TEL:075-954-8012

※予約制 急患は随時承っております。

​※電話の最終受付時間は17時です。(土曜日は12時まで)

※AMは9:00〜13:00 休診日:日曜・祝祭日

​※水曜日は訪問診療日となり、通常診療は休診です。

​※最終受付時間は診療終了時間の30分前です。

​※電話の最終受付時間は17時です。(土曜日は12時まで)

Treatment counseling room

operation room

maintenance room

treatment room

family room

~手術室~

大学病院から手術室を移植することがこの部屋のコンセプトです。「歯科口腔外科」を標榜する以上、全身麻酔以外の手術のほとんどを当院で行います。口腔外科専門医として責任をもって一般歯科で対応できない症例に対応いたします。

~メンテナンスルーム~

当院唯一の角部屋から眺める竹林の眺望に癒されながら、定期的なお口の検診、プロフェッショナルによる歯のクリーニングを受けていただきます。この部屋のユニットはなんとマッサージチェアになっています。ぜひ一度ご体験ください。

~一般診療室~

虫歯の治療から義歯治療や歯周病治療までを行う、当院の心臓部です。2部屋を用意し、準備や片付けで患者様をお待たせしない対応をしております。歯科治療は同じ病態でもその人、その時、その状況で対応は異なります。何が患者様にとって最大のメリットなのか、十分に検討し、わかり易く説明することも当院のコンセプトです。この部屋ではそういった診査、診断、説明、治療をメインで行います。当院の治療室は全て竹林を借景としており、リラックスして治療を受けていただけます。

counseling room

~カウンセリングルーム~

​当院ではカウンセリングシステムを導入しております。主訴や病歴だけでなく、これまでの治療歴やトラウマ、治療に対する希望などを詳細に聴取し、院内スタッフで共有します。治療計画や病態の説明もこの落ち着いた個室で行います。

~ファミリールーム~

小さなお子様がいらっしゃるお母さまこそ、ご自身のためにもお子さまのためにも口腔ケアがとても大切です。当院ではファミリールームを2部屋完備し、お母さまの処置中に同じ部屋でお子さまと過ごしていただけます。

Reception desk & waiting room

Powder room & restroom

~受付~

​当院の受付壁面には佐々木信綱の書が飾られています。

「春ここに生るる朝の日をうけて 山河草木みな光あり」

書家の先生より送られたこの書は、私たちを試します。常日頃から気を緩めることなく、患者様の健康と幸福のために仕事をする高い志を忘れさせないために。

~待合室~

​待合室は広く、高くしつらえてあります。歯科医院に来たことを忘れるくらいに落ち着いた雰囲気で、よく感嘆の声をいただいております。当院はできる限りお待たせしないよう努力しておりますが、お待ちいただく場合もホテルのロビーにいるような感覚を味わっていただけます。

Reception desk

~パウダールーム~

女性は処置の前に歯を磨かれたり、処置の後にお化粧を直されたりすることもあろうかと思います。当院では女性のためだけにパウダールームを設置しました。ダイソンの手指乾燥機はどこに行ってもなかなかお目にかかれません。お手洗いの前室でごゆっくり身支度をしていただけます。

powder room

waiting room

~お手洗い~

​当院のお手洗いは女性と男性が分かれております。特に女性のお手洗いは広く、彩光も十分で、思わず外なのではないかと思うほど明るいしつらえになっております。

露天風呂のような空間ですので、一度入ってみてください。人に伝えたくなりますよ。

restroom

診療機器・機材

デンタルCT(SOLIO X)

当院では一般のパノラマX線写真やデンタルX線写真だけでは判断できない歯や顎の状態、病変などをデンタルCTで確認いたします。一般の全身CTと比較して短時間、低被ばくで撮影ができるだけでなく、極めて詳細で解像度の良い画像が撮影でき、患者様への分かりやすい説明に役立ちます。

生体モニター

高血圧をはじめ、歯科治療に影響する持病や内服薬が数多くあります。これらの基礎病態に対し、何の知識も対応策もなく漠然と受け入れることも、過度にリスクを回避して診療を拒否することも当院では行いません。しっかりとした知識をもとに全身管理を行いながら歯科治療を行ないます。

拡大鏡SurgiTel

0.3㎜の精度で適切な歯科治療をするには、高精度の拡大鏡は不可欠です。当院では5~8倍の拡大鏡を使用して診療を行っており、歯科衛生士も共通の視点で患者様のお口の管理をいたします。当院はオペ室以外はすべてライトレスとなっており、拡大鏡付属の高照度ライトでお口を明るく照らします。

​点滴

歯性感染症は初期対応が疎かになると命に係わる事態に発展します。適切な審査、診断を行い、必要に応じて抗生剤は点滴でも行います。連日投与になりますが、病院よりも近いクリニックで行えることは患者様のメリットになります。消炎後は原因歯に対応するという一貫性のある治療を行ないます。

​電動注射器

歯医者さんの麻酔の注射が苦手という方も多いと思います。当院では電動注射器を用いて、できる限り無痛で麻酔を行うよう心がけています。電動注射器は機械が自動的にゆっくりと一定の速度で麻酔薬を注入してくれることから、注射中の痛みをほとんど感じさせることなく麻酔が受けられます。

AED

AEDは扱いが極めて簡単な医療機器ですが、本当のエマージェンシーで扱うには何度も重ねて研修を受ける必要があります。なぜなら、扱うのは生身の患者様であって、この機械ではないからです。副院長は日本救急医学会のICLS認定インストラクターとして医師や看護師と度々研修を行ってきました。

滅菌・消毒機器

高温洗浄機Miele

Mieleはドイツ製の極めて性能の高い構温洗浄機です。当院では医療用の最高性能のMieleを導入し、日々の診療で使用する器具を洗浄しています。当院では器具の滅菌・消毒の前に、手洗いでは落とせないような強固な汚れや、蛋白汚れなどもこの洗浄機で洗浄して落とします。

クラスB滅菌システム

歯科医療における器具の使いまわしが問題になっております。患者様ごとに器具を滅菌・消毒することは当然ですが、滅菌にも世界基準があり、当院では最高水準のクラスB滅菌が可能なオートクレーブを導入し、器具を滅菌しております。当然のことは当然に行いたいものです。

​ハンドピース滅菌システム(iCare,iClave)

​歯科治療で使用する切削器具やスケーラーは中が中空になっており、使用した水が停滞するので実はかなり不潔です。使用ごとにオイル洗浄し、滅菌することは今は歯科医院の常識となっておりますが、専用の器械が必要です。当院の切削器具は患者様ごとに滅菌したものを使用しています。